30代のワタシに必要なモノ

妻と2人くらしの30代。シンプルな生活を目指しています。

自分はストック型なのか、フロー型なのか。なりたい軸ではなく、向いている軸で考えよう。

コンテンツには、ストックとフローの2種類があると言われています。これと同じように、コンテンツを生み出す人間側にも、ストック型のコンテンツが得意なタイプと、フローが得意にタイプが存在します。

ストック型というのは、一つのコンテンツに根気強く取り組むことができる、あるいは過去のコンテンツを再利用をするのが得意なタイプ。こんな感じです。

フロー型というのは、Twitter のように、コンテンツをとにかく量産することに強みを発揮できるタイプ。

で、僕が思うにストック型が得意か、フロー型が得意かは、すぐに決定づけられています。それは正確だったり、過去の経験から導かれるもので、本人の努力ではどうにもならないものかと思います。

ストック型の代表は、ちきりんさんでしょう。ちきりんさんは、全体感を捉えるのが得意なタイプで、過去に書いた記事が未だに多くの人に読まれているとのこと。本人も、コンテンツを資産としてどう活用していくか、をめちゃくちゃ意識しています。

フロー型の代表は、勝間和代さんでしょう。とにかく生産量が多い。マニアックと思われる内容でも、ガシガシあげてしまう。たまに長文を書くこともありますが、ブログのほとんどは1000文字前後です。強みは、圧倒的な生産量にあります。

このように、同じコンテンツクリエイターでも、フロー型とストック型で全然タイプが違います。そして何より大切なのは、自分がどちらになりたいかじゃなくて、どちらに適正があるか、です。

特に作りこまれた長文コンテンツを生み出せる人には羨望の眼差しが集まりますが、ほとんどはそれが作れない。むしろ、自分の感覚のままに、フロー型のコンテンツを量産してしまうのがいい。

どちらが良いか悪いかではなくて、どっちに向いてるかどうかなんですね。

こんな感じで、自分がコンテンツを作っていくなら、どっちで作っていくとより気持ちがいいか、これを意識するとしないとでは、コンテンツを続け方が大きく変わってくるでしょう。