kaitoの日記

自分らしく行こう!

自己投資を失敗しないための「5%ルール」

  • 自己投資についての私の考えをまとめました。

自己投資の5%ルール

  • 私は「自己投資の5%ルール」というものを実践しています。それは「年収と時間の5%を自己投資にあてる」というものです。

  • 年収460万円の人なら「毎月2万円をつかって1日1時間の勉強をする」という水準です。

  • 5%という水準は、企業の研究開発費比率の傾向から着想をえました。企業の研究開発費は、個人の自己投資額と同じで、将来の競争力の源泉となります。

  • 日本の中小企業の売上高あたりの研究開発費の比率は、平均2%〜3%です。平均と同じ2〜3%だと置いていかれてしまいますから、基準は高く。そういう意味で「5%」という水準は自己投資としては妥当でしょう。

  • ちなみに私が大好きなNintendoは、研究開発費比率が高いことで有名で、過去5年間の売上高あたりの研究開発費比率は、なんと7%でした。平均の2倍以上のお金を投資して面白いゲームを作る研究をしているのです。すごいですね。

  • 意欲がある人は、Nintendo並みの7%水準を目指してみるのも面白いかもしれません。

積み立て投資のように、毎月一定の時間とお金を投下し続ける

  • 5%ルールで大切なことが2つあります。

  • 1つは、必ず1時間は勉強することです。テーマは問いません。何を勉強してもいい。その代わり、勝手に勉強時間を30分に縮めることはせず、必ず1時間を勉強の時間に充てること。

  • 2つ目は、毎月2万円は使い切ること。時間の話と同じで、自己投資費を節約するのはいけない、ということです。必要経費だと捉え、使い切ることを目標にします。

  • 理由は簡単で、自己投資は成果が出るまで時間がかかるからです。自己投資を始めてすぐ年収がアップする、労働生産性が上がる、なんてことはありません。2〜3年、芽が出ないかもしれない。勉強テーマが自分に合わないかもしれない。

  • 勉強内容を変えていいから、毎月必ず一定のお金と時間を投下し続ける。自己投資の質が上がるよう創意工夫する。これこそが、自己投資を成功させる鍵です。積立投資の考えと、とてもよく似ています。

自己投資しているのに気持ちが満たされない、という失敗パターン

  • 自己投資とは本来、個人の生きがい、充足感に繋がるものです。キャリアアップして年収を上げる。同じ収入を少ない労働時間で達成する。独立して大きな裁量を手にして精神的に充足する。自己投資の先には、お金や時間や心に余裕が生まれるものなのです。

  • しかし一方で、自己投資というのは中途半端にやると、どんどん疲れて進歩の気力を失われていきます。

  • みんな自己投資したいと思っています。「成長したい」という気持ちがある。でも「成長してどうなりたいか」には答えられない。これはしかたがない面もあります。だって、自己投資しても給料には反映されません。早く帰れるわけでもない。おまけに会社には愛着が持てない。そして忙しすぎる。

  • 「このままは嫌だ」という焦りだけがある。前に進んでる感覚が欲しい。だから、手軽な教養がブームになっています。YouTubeでは手軽に勉強できるコンテンツが揃ってきました。知らないことを知ると、なるほど!と気持ちいい。勉強した気になる。賢くなった気がする。でも、現実は変わらない。次第に、自己投資しても変わらない自分がダメなんじゃないかと自己否定するようになる。

  • 自己投資するほど満たされなくなる。これが「満たされない自己投資」です。典型的な自己投資の失敗パターン。

  • この失敗パターンを回避する唯一の方法が「毎月、一定の時間とお金を投下し続けること」です。意味ないかも…という気持ちに左右されず、淡々とコツコツとやることです。

自己投資は、継続しないと上手くならない

  • 毎月お金も時間も投下し続けることは、実は大変なことです。この時間、ムダなんじゃないか。このお金は、節約できるんじゃないか。こんなことにお金と時間を使うなんてもったいない。そう思うタイミングが来ます。

  • そこで投資を削ってしまうと、「何のために自己投資をしているのか?」と自問自答する機会がなくなる。実はこの「なぜ成長しなきゃいけないのか」「なぜ自己投資しているのか」といった目的意識が、自己投資では一番大事です。

  • 一定の時間とお金を投資するので、何か新しいことを強制的に勉強することになります。毎月毎月、勉強するテーマは変えていい。いろんな勉強をしていくうちに、点と点が線になってつながり「自分はこういうふうに成長したい」というテーマが自ずから定まってきます。

自己投資、私の目的

  • 私の、自己投資の目的は「お金・時間・心の余裕を通じて、自分を含む、家族みんなが豊かで快適に暮らせるようになるため」です。

  • この目的にたどり着くために3年かかりました。お金を勉強し、健康を勉強し、仏教を勉強し、現代日本の問題を勉強し、歴史を勉強し、オンラインサロンに入って勉強し、経営を勉強し、これらがぜーんぶ繋がって私の今の「成長する理由」をつくっています。

  • これができたのは、ひとえに自己投資にコンスタントにお金と時間を使い続けてきたからでした。振り返って「この3年間の勉強は、実に良いものだった」と自信を持てたのです。

まとめ

  • 以上、私の「自己投資」への考え方でした。まとめると。

    • 年収と時間の5%を、自己投資に回す。
    • 自己投資は本来は、個人的の生きがいを生むもの。しかし中途半端にやると、逆に自信をなくしてしまう。
    • だから、気持ちに自己投資のペースが左右される状態をつくってはいけない。
    • 気持ちと関係なく、一定のお金と時間を投下し続けると「なぜ成長したいのか」に自分なりの答えが出せる。

  • 昔と違って、今は毎月2万円もあれば色々学べます。本を読みたければ、Kindle unlimitedやAudibleを利用すればいい。英会話を学びたければ、DMM英会話で外国人と会話ができます。プログラミングもスクールが充実しています。資格の勉強なら、YouTubeの解説動画を見ておけば十分。お金がなくて学べない、という時代ではなくなりました。

  • だからこそ「なぜ自己投資をするのか」と自問自答するのが大切です。自己投資をして、自分は何を得たいのか。どうすれば生きがいや充足感を感じられるようになるのか。これを考え続けることが、私たち現代人の避けては通れない道なのです。

逡巡すること3ヶ月。ついに「独立したい」と家族に打ち明けました。

  • 独立を目指して3ヶ月。いよいよ妻に「独立したいと思っている」と打ち明けました。

話せない期間が3ヶ月

  • 10月に「よし、やるぞ」というエントリを書きました。今の会社を退職し、独立することを宣言したエントリです。
  • 3ヶ月たち、2023年になりました。依然、気持ちは冷めていません。独立のために、すこしずつ準備を進めてきました。たとえば
    • 独立開業系の本をたくさん読みました。おそらく20冊ちょっとは読んでいると想います。また読み返したいと思える本もみつかりました。
    • 知り合いの話も聞いてきました。会社員を辞め、自分で会社を起こしたり、フリーランスで働いている知り合いです。よし、挑戦しよう。自分にもやれそうだと感じました。
    • 価値観マップもつくりました。結果として、「どう働きたいか」の価値観が希薄であることがわかったので、今はユニークな働き方を実現している経営者の本を読んで、自分の理想の働き方の言語化を頑張っているところです。
    • ホームページもつくりました。まだドメインをとってWordPressをインストールしたばかり。初期設定のままなので、これから最低限のページを作っていきます。
  • こんな感じで、独立に向けて個人で出来るところは進めてきました。

会社にも「辞めます」と意思表明

  • 私のポジションは、引き継ぎにかなり時間がかかるため、9月退職する場合、そろそろ各所を動かしていかなくてはなりません。
  • 会社には「9月で辞めます」ということを伝えており、上司との交渉が続いています。が、まだ家族には話していないことから、上司には私の覚悟はまだ本気ではないと写っているようです。
  • つまり、家族に協力を貰わなければ、上司との交渉の中も中途半端にしかすすまず、退職交渉も前に進まない状態になってきました。
  • また、家族に話しておくことで活動をオープンにでき、準備ももっと進めやすくなるメリットもあります。3ヶ月たって気持ちも変わっていないし、交渉を前に進めるためにも、いよいよ妻に話すことにしました。

心臓ドキドキで打ち明ける

  • 22年の年末にあたりから、そろそろ伝えたいなと思いながら逡巡。なかなか切り出せませんでした。応援してくれるだろうという目算はありましたが、独立したいと切り出すとビックリされると思いましたし、何よりも反対される可能性もゼロではなかったからです。
  • さすがに年末年始の帰省タイミングでは話しません。1月のどこかで伝えよう。やるなら土日がいいかな、と考えました。土曜日の夜、子供を寝かしつけて夕食もおわった21時ごろ、コーヒーとお菓子でブレイクタイムしているときに「よし、今しかない」と思って伝えました。
  • 「話あるんだけどさ…」と切り出しました。果ての国をまだ諦めていないなくて、、本気で目指したいと思ってるんだよね。でさ、今の会社を辞めて独立したいと思うんだけど…
  • 本気で目指しているから、個人的に期限も決めててさ。今年の9月に目指したいとおもっているだよね、と話を切り出したときは、心臓ドキドキでした。

無事、応援してもらえることに

  • 妻からすると突然の話です。最初はビックリしてて、「待って待って…」と事態を受け入れられない様子でしたが、
  • 独立を決意したのは昨年からであること。人に会いに行ったり、価値観マップとつくったり、ホームページもすでに作っていることなど、1時間くらい話して「うん、いいね、頑張っていこう」と前向きに応援してもらえることになりました。
  • 独立したいなんて考えているとは思わなかった、と言われました。そうですよね、私も数年前までは独立なんて考えてもいませんでした。
  • 驚きながらも私を応援してくれた理由は、将来の夢を定期的に語り合っていたからだと思います。同じ動画をみながら「やっぱり給与収入だけじゃだめだよね」とか、同じニュースを見ながら「今の会社にいても、給料はこれ以上はあがらないよね」とか、そういった会話を定期的にやって目線を合わせていました。だから、私が話を切り出しても拒絶反応を示さなかったのでしょう。日頃からコミュニケーションを多く取っておいてよかったと思いました。

まとめ

  • 10月に独立を目指し始めてから、本を読んだり、知り合いに話を聞きに行ったり、HPを立ち上げたり、上司に退職を伝えたりなど、動いてきました。
  • いよいよ家族の同意が必要になってきたので、ドキドキしながら妻に話を切り出しましたが、目指す理想を共有したところ、共感をもらえました。大きな一歩でした。
  • 3~4年後には、会社員のときよりも家族との時間を一緒に作れるようになったり、収入を増やして海外旅行に行ったり、第二の拠点をくれるようになりたいです。プライベートをもっと楽しめるよう、この選択を正解にしていきたいと思います。

今日読んだ本の感想

↓本日読んだ本。

もしインドに住めたら「ああなったらどうしよう」的な不安症から解放されるのだろうか?もしそうなら、インドに住むのも悪くないかも、と思った。

娘が大きくなったら、こういう体験をさせてあげたいとおもった。

 

苦手属性でもカチコミにいこう。

TVアニメ『ポケモン』の主人公が、ついに交代になるようですね。

アニメ「ポケモン」主人公交代へ - Yahoo!ニュース

ポケモンが始まったのは、私が小学校2年生のころですから、もう少しで30年?

サトシ、お疲れさまです。第1話は録画して、テープが擦り切れるほど見返したよ。

 

さて、ポケモンといえば、ちょっと前にこんなツイートが目にとまりました。

初代ポケモンでは炎ポケモンを選ぶと、序盤はひたすら苦戦します。最初のジムが岩、次が水ですから、ぜんぜんダメージを与えられない。水のジムでは、私もボコボコにやられました。スターミーツヨスギ。

 

今だと「水タイプとは相性悪いから、草タイプを育てていこう」とゲームのルールを理解して合理的・戦略的にいくのですが、小学2年生の私にそんな知恵はなく、とにかく炎ポケモンを強くして、とにかく正面勝負。何度たおされようと、レベルを上げて再挑戦!

そうやってゲームを前に進めていくわけです。

 

とにかく前にすすむ。そういうゲームプレイをする我が子に、ツイ主の八木さんは「忘れていた何かを思い出す感覚」「非合理の先の喜び」と表現しているのでしょう。

 

私がこれに共感したのは、昨日やその前のブログにも書きましたが、私たちは学校で勉強し、仕事に就いて働くなかで、すっかり「うまくやる」「失敗しないように最短で」の価値観に染め上げられてしまっていると感じるからです。

 

「失敗しないように最短で」だと、他人と自分を比較し、うまくいかなさそうならさっさと手を引いてしまう。失敗なく成功したい、うまくやりたい、どうやればいい?と考えている人は、

 

決して炎ポケモンを水ポケモンに突っ込ませたりしないでしょう。だって失敗はイヤなんだもん。

 

でも、それでいいの?負けたくないからと、いつまでもマサラタウンをウロウロしているんじゃなくて、負けてもいいから、さっさとジムにいって、炎ポケモンを水ポケモンにカチこませてはどうか?

 

負けるのは怖い。うまくやりたい。私自信もなんどもその罠にひっかかって、挑戦を途中でやめてしまっていました。

 

非合理の先に喜びがある。非合理に生きてみる。

 

そう思うと、もう一歩前に踏み出せる気がします。さぁ、炎ポケモンといっしょに水ポケモンにカチコミにいこう。

 

↓今日読んだ本。ちきりんさんと梅原さんが真反対すぎて、すごく面白かった。

 

なんて名前をつけようか

心の癖に気づいたら、親しみを込めて名前をつけています。

 

あの人みたいになりたい!という焦りの気持ちには「ワナビーの悪魔」と名前をつけました。

 

相手の出方を心の中でシミュレーションしてしまう癖には「心のシャドーボクシング」と名付けました。

 

さて、最近は自分に「相手と勝手に比較して、勝手に自信を無くしてしまう」という癖があることに気づいたのですが、

 

これにはなんて名前をつけようかな。

 

考え中です。

 

↓読み終わりました。おもしろかった!

 

 

効率的な情報収集よりも、大切なこと

効率的な情報収集とはなにか?を考えていました。

 

面白そうなネタを探そうとして情報収集とすると、ネットの沼にハマって抜け出せなくなってしまいます。トピックを選ぶのも大変だし、まとめるのも大変。

 

他のサイトが素晴らしい質のコンテンツを読むと、自分が発信する意味は果たしてあるのだろうかと、調べれば調べるほど自信をなくしていく情報収集の罠に、私はよくハマっています。

 

効率よく情報収集してまとめるにはどうすればいいか?

 

でもたぶん、この問が間違ってるんですよね。

 

学んだ喜び、知った喜びを自分のことばで説明すればよいだけ。ネットでこんな記事があった。こんな本をよんだ。こんなことを学んだ。考えた。本来はこれだけでよくて、わざわざ他人と争う必要なんてないんでしょう。

 

市場で何が求められているのかはいったん忘れて、ピュアに学ぶ楽しさを追求していく。情報収集の本来の姿がこれで、それさえできていれば、自然と迷う時間が減って、効率的になっていくのでしょう。 

 

↓今読んでいる本。

リクルートの江副さんがリクルートが住宅情報誌をつくる話がめっちゃ面白いです。

 

 

電気代がやばいです

今月の電気代、2万円を超えて3万円手前まで行きそうです。やばい。

ということを同僚に話したら、うちは1万円ちょっとで済んでますよ、と言われました。まじかい。

わたしと同じ家族構成。家の広さもたぶんそこまで変わらない。

何が違うのかと聞いてみたら、我が家の電気代を押し上げている要因が、何となく見えてきました。

・エアコンが古い
・設定温度が高い。(26℃)
・昼にだけではなく夜も付けてる
・電力会社のプラン

それにしても、電気料金が3倍も違うのは驚きものの木すぎるぜ。。。

節電に励みます。

 

↓今日読み終わった本。シンプルにいい話でした。★3つ

 

↓今読んでる本